Home > セミナー申込

「~森里川海トークセッション~気候変動危機とサステナブルライフスタイル」

第一部 森里川海のつながりと“地域循環共生圏構想”の取り組みについて

登壇者 奥田 直久 氏
環境省 自然環境局長
登壇者 新井 章吾 氏
海藻研究所 所長

第二部 森里川海トークセッション


登壇者 奥田 直久 氏
環境省 自然環境局長
登壇者 新井 章吾 氏
海藻研究所 所長
登壇者 小原 壮太郎 氏
環境省「つなげよう、ささえよう森里川海」アンバサダー
登壇者 藤本 Yae 氏
鴨川自然王国半農半歌手
ファシリテーター 徳江 倫明 氏
(一社)オーガニックフォーラムジャパン会長

内容 『農業も漁業も自分たちの産業基盤の重要性に対してあまりにも鈍感すぎる』と 新井省吾氏は言う。そして彼は、『農業や漁業の基盤は自然循環そのものであり、 その仕組みを借りたもの。その産業基盤を保全、修復、造成する産業を“ゼロ次 産業”』と定義する。
当シンポジウムは、最初に環境省環境局長奥田直久氏から環境省の『地域循環共 生圏構想』の説明をいただき、次に新井省吾氏から地域循環にとって森が育む “海底湧水”が農業にとっても漁業にとってもいかに重要であるかについての問 題提起をいただく。
そのあと、新井省吾氏を交え、『地域循環共生圏』の取り組みを展開する環境省 から奥田直久環境局長、その活動を民間で支える“森里川海アンバサダー”のリー ダー小原壮太郎、藤本Yaeさんの参加を得て、今後の農業、漁業の在り方、さら には暮らしの中で気候変動危機にどう対応するかを考えるトークセッションを展 開する。
ファシリテーターは(一社)オーガニックフォーラムジャパン会長 徳江倫明

第一部  森里川海のつながりと“地域循環共生圏構想”の取り組みについて
                環境省環境局長奥田直久  15分
     問題提起 森が育む海底湧水と農業、漁業の関係
                海藻研究所所長新井省吾  25分

第二部  森里川海トークセッション            50分
     奥田直久環境局長、新井省吾氏を交え、環境省森里川海アンバサダー
     小原壮太郎氏、藤本Yae氏
ファシリテーター:(一社)オーガニックフォーラムジャパン会長徳江倫明


日時 2021年9月16日(木)13:00-14:30 
参加費 無料 zoomによるオンライン視聴
パブリック
ビューイング
会場
第6回オーガニックライフスタイルEXPO
東京都立産業貿易センター 4階第3会議室  
〒105-7501 東京都港区海岸1-7-1

※こちらはオンライン視聴の申し込みです。会場視聴希望の方は会場に直接お越しください。(事前申込は不要)
※オーガニックライフスタイルEXPO事前登録はこちらから

必須お名前
フリガナ
会社名 団体名
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
参加セミナー
必須送信確認
  

top